よくある間違ったSEO

ページの更新はSEOに有効?

これはホームページ制作業者が作った詭弁です。SEOの権威がページの更新が大事だと言いますが、これは数千ページもある巨大なサイトの話しであり、我々が管理している数十ページのサイトには無関係なテクニックです。

大きなサイトが日々更新されることで常に新しい情報が掲載されまた、サイトのボリュームが増え続けることをGoogleが高く評価しますがそのことが理由で特定のキーワードで上位に出るわけではありません。

SEOで語られる内容は大規模サイトを基準に話されるため「大きなサイトの管理人が言う事なので間違いない!」と誤認するもの無理はありません。

小規模サイトが1ページ追加しようが、数行程度の文字を置き換えたところで順位は上がりません!

ブログを書くと順位が上がる?

これは半分正解で、半分は不正解です。

従来は外部の無料ブログ(アメブロなど)を使って記事を書きサイドバーから公式サイトとしてリンクを入れておくと順位が上がっていました。

いまはサイドバーからのリンク評価が下がったことと検索エンジンがページに記載してある中身まで把握するようになったため本来のコンテンツとは無関係な記事(今日どこそこでランチしました)などの記事があるとこれもまた評価を下げるようになりました。

とにかく何でもいいから記事を書けばいいという時代の話しです。

ブログの正しい利用方法は自社ドメイン内にWordPressなどをインストールし本来のコンテンツに関係する記事を投稿すると高く評価されます。

記事の量が増えるとドメイン全体のボリュームも増えるためさらに評価があがります。